ファミリーリゾート初体験!

いやぁ、リゾートって本当にいいものですね。続きを読むをクリック。
いやぁ、リゾートって本当にいいものですね。続きを読むをクリック。

ガルダ湖での夏のバカンス。

今年は超元気な1歳半児を連れているということで、大人の事情は度外視して人生初のファミリーリゾートなるものに挑戦してみました。

大人と同じものを食べてもいい月齢らしいけど、うちでは子供用に減塩や栄養バランスに気を使った手料理を毎日私が作っていたので、まず必須なのは台所機能。

キッチンがあるアパートタイプの宿で、娘が楽しめるようにプールがある場所、というのが条件でした。


で、色々悩んで決めたお宿が、本当に楽しい場所で。


まず、素晴らしかったのは広大な敷地!!めっちゃ広い!!

お隣、というかリゾート村の敷地内にゴルフ場があるんで、視界の先はひたすら緑。

なだらかなトスカーナの丘風景を思わせるくらい、とにかく緑。


リゾート村という言葉にふさわしく、アパートが幾つも建っていて、私たちはその一つを借りて10日ほど滞在しました。

アパートの機能は、必要十分。

猛暑だったのでキッチンと寝室の両方にクーラーがあったのは、助かりました。

清潔だし、広いし、キッチンや掃除用具など必要なものは十分揃ってる。

5つ星ホテルとまではいかないけど、モカさんはサバイバル能力がものすごーく高いので、アマゾンの奥地でもない限りモカさんを1人連れて行けば生活はなんとかなります。

いや、マジで(笑)

これが私たちが借りたアパート。キレイでしょ?

毎日この家から、娘と手を繋いで徒歩数秒のプールに行ってました。

家の前は芝生だし、子供が安全に遊べるものはいくらでもあります。


キッチン付きだったので、食事は基本的に私が作りました。

地元の美味しい食材、特に魚を買って、モカシェフの調理で家で食べる。これに勝るものがありましょうか!?

イタリアって、ホテル代は安いのにレストランが高いんだよね〜。自炊すると、滞在費は驚くほど安くなります。


敷地内にはミニマーケットもあるので、ちょっとしたものはそこで買うこともできる。

あと、このリゾート村から最寄りの街ペスキエーラ・デル・ガルダ(前回のブログ参照)までは、無料のシャトルバスが出てます。

便利!!

で、着いた途端感動したのは、こちらのラグーナビーチ!!!

アパートのすぐ横にある巨大プールです。

さすがファミリーリゾート、小さな子供にも安心な設計になっていて、我が家のニコニコほっぺちゃんも大喜びでした。

傾斜があるビーチでは子供が走り回っても大丈夫だし、子供の背の高さに合わせたプールもあるし、ジャグジーもあるし、もう、何もかもが最高!

ファミリーリゾートって今まで体験したことなかったけど、基本的にみんな子供連れだから、マナーがいいんですよ。

子供同士遊ぶこともできるし、迷惑かけてもお互い様〜ってみんなにこやかだし、どの家族もリラックスしてるし。

敷地内はどこもキレイで、イタリアとは思えないくらい、ゴミもタバコの吸殻も落ちてない!!どこも裸足で歩けちゃう。


リゾート村内にはそこで働くキャストがいて、みんな若い美男美女!!

数ヶ国語を堪能に話し、すっごい親切で子供慣れしてて、盛り上げ上手。


朝から晩まで敷地内のどこかでイベントが開かれてて、キャストたちが音楽に合わせて踊ったり、ヨガ教室をしたり、プールならではの遊びをやったり。

ラグーナビーチでのズンバ教室は毎日参加したけど、私や娘も大満足♪♪

キャストの中にダンスのプロがいて、音楽に合わせてセクシーなダンスを教えてくれるんです。

もちろん参加に予約なんていらないし、飛び込みOKで全部無料!!

ほっぺちゃんは1歳半にしてズンバのステップを一生懸命踊って楽しそうにしてました(笑)

曜日によってはプールサイドでDJスペースを作ってディスコナイトをしたり、著作権完全アウトなアニメキャラがやってきて子供たちと遊んだりw

敷地内に大きな野外劇場があって、キャストたちによるミュージカルとかもやってるんです。(無料)

しかも、毎日違う演目で!!


びっくりした。ほんと。

ファミリーリゾートって、こんないたれりつくせりなものなの?

毎日、毎時間、毎分、楽しいことばかり。

何より、キャストたちの間に「バカンス中なんだから思いっきり楽しんで行ってね♪」というプロ意識があって、こっちも気持ちよくリゾート気分になれるんです。

ディズニーランドみたい。


バカンス初日にラグーナビーチで泳いでいて、突然キャストたちによるパフォーマンスが始まった時には感動した〜!

キャストが盛り上げて宿泊客みんなで肩を組んで電車ごっこして、歌って、踊って。

ヒャッハー!!!!


敷地内には他に野外プールが2つ、屋内プールが一つ、サウナもあるウェルネスセンターが一つ、ビーチバレー、子供用公園、サッカー場、Bar、ピッツェリア、レストラン。。。思いつく限りなんでもあった!!!


ピザも安くて美味しかったし、レストランでは1人18ユーロ(子供無料)で美味しいもの盛りだくさんなビュッフェを楽しむことができます。

牛タンのアンティパストとか、魚料理とか、どれも美味しかったし、ビールもワインもセルフサービスで完全飲み放題!

もちろん、幼児食も完備。ビュッフェだから食べたいものを好きなだけ食べることができます。

ピアノと生歌のジャズ・コンサートもあったなぁ。

子供用公園には屋外遊具の他に、屋内ボールプールもあって、滑り台からボールの中に飛び込めるようになってました。

元気元気な娘は毎日走り回り、朝晩プールで泳いで、遊具で遊んで、キャストたちと踊って、毎日「んもぅ、楽しくてたまんないぜ♡」というニマニマした顔をしてましたよ。

そんな我が子の様子を見て、親もまたニンマリ。


そーんな素敵な場所だったので、もう観光なんかしなくてもアパート内で十分楽しかったのです。


朝、ゆったり遅めの時間に起きてアパートで朝食。

地元のスーパーで買い出しをした後は、プールで遊ぶ。

買ってきた食材で軽くランチを済ませて、娘と一緒にお昼寝。

起きたら家でカフェを飲んで、プールに行ってキャストたちとちょっと踊って汗をかいて。

プールサイドのBarでジェラートを食べたら、また泳いで。

娘より一足先にアパートに帰って、家の掃除をしながらビールを飲んで(笑)、夕飯を作って。

夕飯を食べたら野外劇場でミュージカルを見たり、公園や芝生で遊んで、ラグーナビーチのDJスペースで一踊りして汗をかいたらプールに飛び込んで、寝る。


最高!

最強で最高!!


10日ほどもこんな暮らしをしたら、そりゃ日常にはなかなか戻れないっす…。

娘はフィレンツェに帰ってからも、しばらくは「プールは?芝生は?もっと遊びたいよー」って顔してました。

そりゃそうだよね。気持ちわかるよ。

母も、今あらためて写真を見て、バカンスに戻りたい〜と絶叫しましたとも!


あんまり最高のバカンス村だったので、次回の滞在から10%オフになる会員証を作ってしまいました。

さて、次回はいつ行けることやら!?